ルーター

工具紹介:ルーター

メーカー:日立工機
モデル:M12SE 100V

ルーターとは

ザグリや面取りに使用する機械です。私はエレキギターのボディ外周加工、ピックアップやコントロールザグリの加工、ネックの外形加工に使用しています。

材料を掘り下げる点についてはドリルと似ていますが、ルーターは掘り下げた状態から横方向に穴を広げることが出来ます。

ストレートビットとガイド治具を使用することで写真のような加工が出来ます。
一度に多く掘り下げると負荷が大きいので、何回かに分けて掘り下げるのがポイントです。

電動ルーター VTボックス加工

(コントロールザグリ加工)

刃物種類と使い方

刃物の種類にはシャンク径と刃物径、刃物形状があります。

シャンクとは、ルーターの刃物取付部の対応軸径のことです。私はφ12のシャンク径の刃物で、セミロングのストレートビットを使用しています。

取り付けたい刃物の軸径により、ルーターの受け部分であるコレットチャックを交換する必要があります。必要とするコレットチャック径が別売りで設定されている場合がありますので購入の際には確認を行いましょう。

どのような加工をしたいのか?というところから刃物が選定されます。同じφ12の刃物でも長さに種類があります。あまり長すぎてもルーターに収まらなくなりますので、必要な長さとルーターのセッティングに合った刃長を選択しましょう。

ルーターの底面には治具の取付が可能です。

中心の銀色のプレートがガイドとなっています。
私はφ16のガイドを使用しています。
φ16のガイドに対しφ12の刃物を使用した場合には、作成したガイドよりも2㎜内側にオフセットされた仕上がりとなります。ガイド径にも種類があり、別売りの設定になっているものもあります。

ルーター 裏面

(ルーター底面)

切削深さは目盛り付きのストッパーで設定することが出来ます。

ルーター 深さ

治具を製作することで市販品と同クオリティの製品を製作することが可能です。
私は3㎜の塩ビ板で治具を作成しています。
ルーターガイドも3㎜の治具に合わせたものを使用しています。

使用に関しての注意点

ハンディルーターを使用する際の注意点を大きく3つにまとめました。

①ケガに注意

どの加工機械にも言えることですが、ケガに注意が必要です。
鋭利な刃物が高速回転する危険なツールです。
保護メガネをかける等、ケガの予防処置を行ったうえで用法を守り安全に使用しましょう。

②作業環境への注意

可動時には大きな動作音がします。作業音が響く場合には近隣への配慮が必要です。

③切削方向に注意

刃物の回転に逆らって材料を送ることをアップカットと言い、その逆をダウンカットと言います。
ハンディルーターの場合、ダウンカットで材料を送った場合に不意に材料を持って行かれることがあり危険な為注意が必要です。また、割れやすい木材でアップカットで材料を送った場合には材が割れることがあります。状況に合わせて安全な加工を行いましょう。

私のハンディルーター 現在の状況

作業台にさかさまにマウントできるようにしました。ギターのネック等、細くて長尺な物についてはテーブルマウントの方が安定する為、安全な作業が可能です。

刃物の昇降はパンダジャッキを使用しています。

まとめ

エレキギターのピックアップやコントロールの加工においては重宝するツールです。

何年も使っていますが、調子が悪くなったことはまだありません。

交換用刃物は専門店で多種取り扱いがあります。
本体をネット検索する場合には「電子ルーター」等で検索することで出てくると思います。

楽天市場でルーターを探す

以上、ギター工房のツール紹介でした。