Photogenic-ST

Photogenic
ストラトタイプ

友人が所有するフォトジェニックのギターのメンテナンスを行いました。
ギター自体は何年か放置されていたもので、これから練習を始めるかもしれないとのことで調整を行いました。

外観チェック

赤丸の部分のナットが全体的に緩んでいます。この状態だとチューニングで弦にテンションを掛けた時にペグの本体が動いてしまい、チューニングが安定しない等の症状が起きます。弦の交換時等、定期的に締め付けの点検がお勧めです。

青丸の部分のペグのボタン固定ビスは、ペグ本体のトルク調整も兼ねています。締め付け具合を整えてトルクを調整することで操作性の良い状態にします。

弦の巻き方も見直しが必要です。

状態を把握する為に、一度セッティングを出します。

ネックは大きく順反り状態。
逆反り方向にトラスロッドを回したところ、あと一歩のところで可動幅に限界がきました。

弦高は12フレット上から弦下まで3㎜オーバーと、非常に高い状態です。

弦高を下げるとビビりが発生するのでフレット調整(擦り合わせ)にて対応することとしました。

トラスロッドが逆反り方向への調整が限界で順反りの強い状態ですので、ハイフレットを多めに落とすかたちでフレットの調整を行いました。
フレットエッジの面取りも行いました。

ナットの弦溝も修正しました。

コントロール(電装系)チェック

ピックアップセレクター操作時、音切れの状態がありました。
ボリュームも操作をすると“ガリ”や音切れが起きる状態です。
トーンの効きも“?”って感じで、電装系はNGです。

トーンポットのアース配線が省略されており、ピックガードに貼ったアルミシートがその役割を果たしていました。

ピックアップのネジが配線材を貫通していました。
断線やショートにより音が出なくなる場合がありますので補修が必要です。

コントロールは組み直しを行います。
今回はミニサイズのポットからフルサイズのポットへ変更しますので、干渉する部分のボディ加工を行います。

今回は最低限の加工でこのような形になりました。

ノイズ対策として導電塗料を塗りました。
ハケや綿棒を使って塗り残しの無いように塗ります。しっかりとした塗膜を形成する為に2度塗りをします。
トラブル防止の為ジャック部分には塗らないという方もいますが、私は塗るようにしています。

導電塗料
Noise Hell SP-D-01

導電塗料
Noise Hell SP-D-01(サウンドハウス)

導電塗料は塗っただけでは効果はありません。
アースラグ等を使ってアースに繋ぎます。

アースラグ
アースラグ(サウンドハウス)

コントロールの組直しを行いました。
ポットとセレクターはミリ規格をチョイスしています。

弦を張り替えてビビらない程度に弦高を下げていきます。
弦高が低くなったおかげで演奏が楽になりました。

今回使用した弦はGHSのBOOMERS(09-42)です。

GHS Extra Light (09-42)
GHS Extra Light (09-42)(サウンドハウス)

弦高を下げるとブリッジの駒が下がりきってしまう為、ネックの仕込み角を修正しました。
今回はシムは使わず、ネックポケット部の面出しにて角度調整対応しました。

今回のまとめ

未調整のギターは演奏が困難で、弾きにくいギターを弾きこなすのは楽なことではありません。
ギターを調整すると演奏が楽になります。
調整には時間と手間が掛かりますが、その価値はあると思います。
セットアップしたことないし分からないという方は、お近くのリペアショップへ足を運んでみるのも良いかもしれません。